Shimpei Wakida のブログ

日々の学びをゆるりと。

books

違う抽象度で生きる者同士は会話できない?『具体と抽象』読んだ

具体と抽象作者:細谷 功dZERO(インプレス)Amazon 今の会社では、本書は『ロジカルプレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」』と並び、論理思考を鍛えるための必読書となっています。 一度半年ほど前に一度読み、…

『Obsidianでつなげる情報管理術』読んだ

Obsidianでつなげる情報管理術作者:PouhonAmazon Twitterでちょこちょこ『Obsidian』の名前を見かけるようになり、気になっていたのでアプリダウンロードしてみました。 obsidian.md 使おうとしてみるとなかなかに取っ付きづらく、慣れるまでのハードルが若…

『センスは知識からはじまる』読んだ

センスは知識からはじまる作者:水野学朝日新聞出版Amazon 本書では、センスを「数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化すること」と定義しています。 たしかに、自分が「センスがいい」とか「センスが悪い」と表現する時は、数値化できないものに対し…

『解像度を上げる』読んだ

解像度を上げる――曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法作者:馬田 隆明AudibleAmazon 2022年ベスト3に入る一冊。とても面白かったです。 現職では、ソフトスキルとしての論理思考能力を非常に大切にしています。『ロジカルプレ…

『空気の研究』読んだ

「空気」の研究 (文春文庫)作者:山本 七平文藝春秋Amazon Audibleで聴きました。記事執筆時点で、聴き放題対象。 山口周さん著・『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』に登場するビジネス書マンダラ(これだけ読んでおけばOK的なやつ)の一冊…

『お金2.0』読んだ

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)作者:佐藤航陽幻冬舎Amazon 書籍ではなくAudibleで聴きました。記事執筆時点で、聴き放題対象でした。 「抽象的すぎてよくわらない」というのが率直な感想だったりしますが、「価値とは何なのか?」を大…

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』読んだ

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ (光文社新書)作者:山口 周光文社Amazon ビジネスにおいて、これまでは論理思考に基づき導き出される正解を出し続ければよかった時代でした(=サイエンス)。論理…

『インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識』読んだ

インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識作者:佐野 裕シーアンドアール研究所Amazon 社内Slackで、「プロセス」「スレッド」「コネクションプール」あたりの用語が飛び交っていて議論に全くついていけない、ということがありました。 分か…

『アリストテレス『ニコマコス倫理学』 2022年5月 (NHKテキスト) 』読んだ

アリストテレス『ニコマコス倫理学』 2022年5月 (NHKテキスト)作者:山本 芳久NHK出版Amazon COTENの代表深井さんが、「人生を変えた本」としてアリストテレスの『ニコマコス倫理学』を紹介されていて、ニコマコス倫理学というものの存在を知りました。 youtu…

『売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則』読んだ

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則作者:ライズ,アル,トラウト,ジャック東急エージェンシー出版部Amazon 『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』にて登場した、ビジネス書マンダラのマーケティングの一冊。 Youtubeでの箕…

『チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計』読んだ

チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計作者:マシュー・スケルトン,マニュエル・パイス日本能率協会マネジメントセンターAmazon 発売当初からやたらとタイムラインを賑わせており、気になっていましたがようやく読めました。 …

『チャレンジャー・セールス・モデル 成約に直結させる「指導」「適応」「支配」』読んだ

チャレンジャー・セールス・モデル 成約に直結させる「指導」「適応」「支配」作者:マシュー・ディクソン,Matthew Dixon,ブレント・アダムソン,Brent Adamson,(序文)ニール・ラッカム,Neil Rackham海と月社Amazon 営業職として仕事をしたことは過去ないです…

『ブロダクトマネジメントのすべて』読んだ

プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで作者:及川 卓也,小城 久美子,曽根原 春樹翔泳社Amazon プロダクトマネジメント関連の本は、『プロダクトマネジメント ―ビルドトラップを避け顧客に価…

『スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス』読んだ

私の働く会社ではプロダクト2つ持っており、それぞれでチームが独立しています。 数ヶ月ほど前、私のチームでは私がスクラムマスターとなり、本格的なスクラム開発の導入を推進することになりました。 当時、会社にはほとんどスクラム経験者がいませんでした…

『SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタスキル、学習、心理、リーダーシップ』読んだ

私の働く会社ではプロダクト2つ持っており、それぞれでチームが独立しています。 数ヶ月ほど前、私のチームでは私がスクラムマスターとなり、本格的なスクラム開発の導入を推進することになりました。 当時、会社にはほとんどスクラム経験者がいませんでした…

『「60分」図解トレーニング ロジカル・ファシリテーション』読んだ

「60分」図解トレーニング ロジカル・ファシリテーション (PHPビジネス新書)作者:加藤 彰PHP研究所Amazon 自分のロールであるエンジニアリングマネージャー・スクラムマスターという仕事柄、普段の業務でMTGのファシリテーションを行うことが多いです。 一日…