Shimpei Wakida のブログ

日々の学びをゆるりと。

『センスは知識からはじまる』読んだ

本書では、センスを「数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化すること」と定義しています。

たしかに、自分が「センスがいい」とか「センスが悪い」と表現する時は、数値化できないものに対して使っている気がします。

普段の生活の中で「センス」というものに触れる代表格がファッションですね。ファッションは好きですが、「センスのいい服選び」は本当に難しいです。

センスが「数値化できないものの最適化」であるならば、仕事における意思決定も全てセンスが必要になりますね。

過去の事象に対しての良し悪しは数値化されている場合も多いですが、未来への意思決定はそうはいきません。

この意思決定によって未来のチームにどんな影響があるのか?それは誰も答えを持っていないですし、完璧に予測することなど不可能です。

自分が意思決定する領域においては、書籍・他社事例・プロの経験等から学び、知識を増やすことでセンスのいい意思決定ができるようになるわけですね。

「センス」という言語化の難しい領域を見事に言語化した、素晴らしい本でした。