毎日更新

51日目 29歳

こんばんは。大事なときにPCが重くて動かないとまじでぶっとばしたくなるので、次はちゃんとハイスペックなマックを買いたいと思う今日この頃でございます。

さて今日は、29歳になったので28歳の1年間を振り返りつつ、ここからの1年をどう過ごしていくかを考えていきたいと思います。

28歳になる直前、2019年の1月頃前の会社を辞めることを決意し、2月の頭に6月末で会社に辞める旨を伝え(ちゃんと引き継ぎと自分の有給完全消化と夏ボーナスのことまで考えた完璧な時期!)、GWからそのまま有給へ入りウェブカツでプログラミングをしつつ、6月までは有給消化、7月からはニートで8月くらいから就活始めて転職先決まって10月から今の会社で働き始め、今に至る。という激動の一年でした。

「市場価値ってナニ?」「個の時代ってナニ?」という状態から、一年でここまで人生変わったのは自分が頑張ってきたからに他なりません。あとは奥さんのサポートもでかかったです。

キャリアチェンジはなかなか勇気のいるものでしたが、やってみるとなんてことはなかったです。自分次第でこんなに簡単に自分の人生って変わるんだなっていうのを強く実感した、そんな一年でした。

そして今日、29歳になりました。

ウェブカツで学習していると「稼ぐ」というキーワードをイヤというほど耳にし、おかげさまで「どうやったらこの先稼いでいけるんだろう?」ということを毎日考えるくらいには細胞レベルに刷り込まれてしまいました。

前職時代の給料+住宅補助やもろもろ手当や福利厚生を含めると、今のエンジニアとしての給料だとちょうど半分くらいになっています。

ウェブカツは、「未経験からでも1年で1000万稼ぐ」とうたっていています(合ってる?)。就職するタイミングではまだウェブカツ卒業していなかったから、1000万はまあ無理だとしても、「エンジニアになって1年で前職の年収に追いつく」を目標に掲げました。目標金額でいうと650万くらいですかね。

正直「どうやって300万ちょいというスタートから年収を2倍にするのか」という問いに対する答えはその時は持ってませんでした。

「一年後に年収650万出してくれる会社に転職?そんな簡単にいく? それこそフリーランス?いやいや、 IT業界で働いたこともない、フリーで働いたこともないのにいける?」といった具合でした。

実際に働き始めてから、副業でとある開発案件を受けることになり、学びの多い日々を過ごさせてもらっていると共に、お金の面でもお小遣いというには多すぎる金額をいただいております(無事納品できれば)。

で、ふと「あれ?(エンジニアになって1年後の)10月の時点で年収650って、全然無理ってわけでもないんじゃね!?」 と思ったんですね。もちろん、残り半年でどうやって差分を稼ぎ出すのか現時点で策はありませんが、「絶対無理」でないと思えるようになったというのは大きいです。

今の職場はとても人数の多い現場なので、フリーで働いている方も大勢います。今自分がなれるかどうかとかはさておき、「フリーで働くとはどういうことか」というのを普段からそばで見ることができているのはかなり大きいなと思います。「何をどれくらい求められるのか」がなんとなくイメージできますからね。

ちょうど一年前は「エンジニアになればパソコンかたかたやって働きながら副業だってできちゃうんだよなー。憧れるなー。」と遠い目をしていましたが、一年経ったいま、当時の自分が描いていた人生そのものになっています。

ここからの一年で、どこまで成長できているか。自分でも楽しみでしょうがありません。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5