毎日更新

43日目 ストックとフロー

こんにちは。

キンコン西野さんのYoutubeチャンネルの有料コンテンツ「スナック西野」では、ただただ西野さんとお友達が飲んでしゃべっている様子を撮ってあまり編集することもなくそのまま流しています。

お酒が入っている時の方が深い情報交換ができるというのは僕自身もそうだと思っているので、非常におもしろいコンテンツだなと思って見てます。西野ウォッチャーの僕としては月額590円は僕にとっては安すぎます。

(以下リンクから、「メンバーになる」ボタンをおして進むと有料会員コンテンツが見れるようになります。)

https://www.youtube.com/channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg

スナック西野の第三回ゲストは、音声メディアVoicy代表の緒方さんでした。緒方さんと音声メディアやエンタメの今後を語り合うという会です。(冒頭10分だけ無料で公開してる)

その中で(有料コンテンツの方ですが)、「ストックとフロー」の話がでました。

結論から言うと、「ストックに比重を置かないと、ジリ貧になるよ」です。

一般的にはお金や資産の意味合いで使われると思うのですが、フローは出入りする金、ストックは資産です。

これを「ビジネスマン」として考えた時に、ストックは「将来」お金を生んでくれるスキルや事業、フローは「今」お金を生んでくれるスキルや事業のことです。

誰もが発信者になれる今の時代、派手な発信をしている人が目立ちます。SNS、ブログ、Youtubeなどすべてそうです。「発信してお金を稼ごう!」てやつ。これがストックとフローでいうと「フロー」にあたります。

ただ忘れてはいけないのは、今現在発信者として影響力を持っている人は何かの分野で成功を収めていて、だからこそその人の発信を聞きたいという人がいるわけです。そして往往にしてそういった人たちは、現在進行形でものすごい勢いで事業を進めていて、その傍らで発信をしています。つまり、毎日毎日アウトプットするネタの「仕入れ」があるわけです。

その人たちの真似をして「発信して稼ぐぞ!」とやったところで、同じようになるはずがないです。人が聞きたくなる話の仕入れがない。お前の発信になんて誰も興味ない。(ひどい)

緒方さんは、そういった「仕入れ」のない発信者が、特にYoutuber界隈で多すぎると言っていました。仕入れがないとどうなるかというと、最初はよくてもすぐに発信する内容が薄くなり、お客さんが離れていくそうです。

まとめると、
「目先の収入(フロー)にとらわれることなく、しっかりスキルをつけたり事業(ストック)をやったうえで発信をしていかないとね」
ということでした。

僕もTwitterを1年半やっていて同じことをずっと思っていました。

駆け出しレベルで「発信でお金を稼ぐ」というのは自分にとっては得策ではなさそうだなと(だからこそ、発信で稼いでいる人は本当にすごい)。

このブログだって、ブログ自体でマネタイズする気は更々ありません。

そこに全時間を投入すれば小銭は稼げるかもしれないけど、それよりも「ストック」になるエンジニアとしての技術スキルを今は高めることに時間のほぼ全てを投下しています。

今はそれがまだお金に結びついていませんが、これは数年スパンの戦い。まだまだ最初の1年が終わっただけです。

もともと未経験からこの業界に入ってきて1年で結果が出るなんて思ってもないですから、あと数年は我慢だと思っています。

そして将来、自分のスキルが今より何倍ものお金を生み出すことになったとき、ようやく発信者としての価値が上がります。

ただその時に初めてSNSに触れるのでは遅すぎるので、今から練習しているというわけです。

もちろん今現時点でも、Twitterやブログをやっていることで直接的なメリットもあります。実際、たくさんの人と出会いました。今は駆け出しでも、皆優秀なので将来のビジネスパートナーになってくれること間違いなしです。

これもまた「ストック」のひとつですね。

目先の収入「フロー」にとらわれることなく、将来の自分を助けてくれる「ストック」にしっかり時間を投資しましょうねというお話でした。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。