毎日更新

31日目 Audible

こんにちは。

昨日、Amazon Audibleを始めてみました。

音声メディアは「ながら作業」ができるので、僕自身Voicyだったり、Youtubeでも映像がなくても成立する音声系動画はこれまでも積極的に視聴していました。(音声は『視聴』でいいのか?)
僕が音声メディアを使う場面としては、散歩してるとき、歩いて移動しているとき、料理しているときなど、とくかく「スマホもPCもいじれないけど、耳だけは空いてる」みたいな時ですね。あとは仕事中も集中切れたときなんかはリフレッシュがてら聴いてたりします。音楽を聴くのと同じ感覚なのかな?

最近はあんまり音楽も聴かなくなってしまいました。そして、個人開発やその他諸々で読みたい本もたくさんありますが我慢して技術力向上に時間を割いている状況なので、音声でビジネス本のまとめ動画を見たりするのは読書欲を良い感じに満たしてくれるので好きです。

これまでも割と音声メディアには触れてきたのですが、オーディオブックはまだ使ったことがなかったのでシンプルに興味があったのと、最近ジムに通い始めてそこで週に1〜2回、30分〜1時間ほど音声メディアを視聴するようになってネタ切れ気味になっていたので、気になっていたAmazonオーディブルをインストールして最初の1冊無料分をダウンロードして早速聴いてみました。

まだ10分ほどしか使ってないですが、感想としては「けっこういいじゃん!」ですね。

過去Kingleの電子書籍の読み上げ機能を使って耳からインプットしようとしたことはあったのですが、カタコトすぎて何言ってるかわからないし、正確に読んでくれないし、何より機械が読み上げているので感情がこもってないのでなかなか心には響かない。

対してオーディオブックは読み聴かせるために作ってあるので(当たり前)、人間が読んでいます(たぶん人間。あれ機械じゃないよね、、?)。

感覚としては、ちょうど講演会を聴いてるような感じですかね。

これでしばらくは、暇つぶしのネタには困らなさそう。

それにしても無限にサブスク課金が増えていくな。。月額1,000円前後だと1つ1つはダメージ小さいから気軽に契約しちゃうんだけど、結局1,000円級が10個くらいすでに契約してる気がする。

まあ、あれだけの情報を月10,000円程度で得られる方がおかしいって話か。

終わり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5