毎日更新

146日目 M1チップMacBookAirをぽちったよ

こんにちは。

今日は、「M1 チップの MacBookAir をポチったよ!」というテーマです。

ずっと気になってたんですが、ついにポチりました。今使ってるのは、 2015 年モデルの MacBookPro(メモリ 8GB、ストレージ 256GB)です。Chrome でタブを一杯開いてエディタを 2 つ開いて作業していると、もう結構しんどくてフリーズしちゃうこともよくあります。これくらいの症状だと正直そんなに困ってるってほどじゃなかったんですが、最近 Meet でオンライン通話することが増えて、Meet をつないでるとめちゃ重くてもはや何もできなくなっちゃいます。画面共有したり、「これググってみて」なんて言われても動き遅すぎて周りに迷惑かけちゃうレベルです。

いよいよ買い替え時だな〜ということで、話題の「M1 チップ」を搭載した新型 MacBook のスペックを見てみることに。

Apple公式のスペック比較サイトは こちら 。こんな感じ↓で、機種を選ぶと簡単に比較できます。

比較すると、Air と Pro にそこまで差がないように見えます。バッテリー駆動時間・GPU・ファンの有無、ディスプレやマイクの性能に若干の差はありますが、僕にとっては無視できるレベルだと判断しました。

あと、個人的な Air と Pro の決定的な違いは、「TouchBar の有無」です。Air は TouchBar なしでボタン、Pro は TouchBar ありです。会社 PC で一時期 TouchBar ありを使いましたが特に便利だと思わなくて、むしろボタンがなくなった不便さの方が大きいと感じました。

YouTube で色々レビュー動画も見ました。

いくつか見ましたが、基本的に「よほど重い処理をしない限りは Air で大丈夫そう」と結論づけられていました。「よほど重い処理」がどの程度のものかというと、「動画の編集」が1つの分かりやすい例かと思います。web デザイナーの方がレビューされている動画も見ましたが、Adobe ソフトを複数開く程度ではサクサク動いているようでした。

キーボードを US にしたことで 3 週間ほど到着まで時間がかかりそうですが、久々にめちゃくちゃワクワクする買い物でした。到着が待ち遠しいです。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。