毎日更新

133日目 2020年振返り

こんばんは。

新年一発目です。だいぶさぼってしまいました。「やらない日が続く→さらにやりたくなくなる」のループに陥ることなんて分かっているけれど、やっぱりたまにはサボってしまう。

だから、1 週間に 1 記事とかだと逆にしんどい。やるなら毎日!毎日更新!!!

さて今日は、2020 年を振り返ってみようかと思います(今さら)。

1 月は副業の開発がスタート。長く続いたこの案件も 12 月に検収を終えて完全にクローズし、ようやく少しずつ外で話せるようになりました(気持ち的に)。

案件の内容としては、簡単な要件だけもらって、サービス名の考案・ワイヤー作成・デザインのディレクション(作業は外注)・開発・デプロイまでを全部一人でやるというものでした。

サービスの規模感としては、ウェブカツでいうところの WEB サービス部の内容+決済+管理画面って感じですかね。

案件がスタートしたときは、素の PHP と js を使ってスクラッチで CRUD アプリが作れて、Laravel や Vue を勉強し始めたというくらいのレベル感でした。

Twitter で案件募集してたときは「WEB サービス部くらいの内容」と言ってたので、「おれでもできそう!」と思って手を挙げました。ただ冷静に考えると、WEB サービス部ってフリマアプリをスクラッチで作るんですが、商品の CRUD に加え、SNS チックなユーザーのプロフィールの編集などはもちろん、購入したユーザー同士のメッセージ機能まで付いていて結構ヘビーなんですよね。

そこに丸っきし初めての決済機能(むっちゃくちゃ大変でした…)と、CRUD 祭りな管理画面(どうやら Laravel には管理画面のライブラリがあるようですが、当時の自分にはそれを使いこなすだけのスキルもキャッチアップするだけの時間もなかったので結局スクラッチ...)が加わった、合計 20 ページほど(もちろんレスポンシブ)の実装でした。

納期は 3 ヶ月。もちろん会社員としてフルタイムで働きながらなので、めっちゃ頑張って月 100 時間捻出して 3 ヶ月で 300 時間くらいは工数割けるかなーと開始前は想定していました。

結局 3 ヶ月で 350 時間、それと実装しきれなかった決済機能の追加実装含めて 4 ヶ月で 450 時間くらい使いました。

実装が終わってからは、決済代行のクレジット審査の為の資料作りや利用規約・特商法の表記の修正をひたすら行っていました(教育的な意味でここも任せてもらいました)。そこから結局なんじゃかんじゃで 10 月頭くらいまで審査の対応をやっていました。

そして、動作確認などを含めて検収が終わったのが 12 月。長かったーーー。(ちなみに、リリースはまだ先になりそうです)

開発が佳境にはいった 3 月〜4 月あたりは Twitter も全くやれないくらいには追い込まれました。

納期内に納品できなかったこともありとても満足のいく仕事の出来ではなかったですが、大変だった分得るものはメチャクチャ多かったです。

この規模のシステムを一人で作りきれたこと。サービス名を考えることが楽しいし「意外と向いてるかも?」と気づけたこと。外注のデザイナーさんのディレクションができたこと。決済システム導入の経験ができたこと。既存のシステムが稼働しているサーバーに追加で自分のプロジェクトをデプロイする恐ろしさを経験できたことなど。

間違いなく良い経験でした。

、、、去年を振り返るつもりが、副業案件だけで終わってしまいました。それくらい、自分にとっては濃い経験でしたね。

明日は案件意外を振り返ってみることにします。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。