毎日更新

124日目 メルマガ

こんばんは。

今日は、「メルマガ」というテーマです。

日々の情報収集として、最近は意識的に毎日日経を読んだり本読んだりしていますが、その中の一つとして「メルマガ」があります。厳密にいうと、「オンラインサロン内の記事」なのでちょっと違いますが、「月1,000円払うことで記事を見れる」という関しては完全にメルマガの役割を果たしています。

「ビジネス書」ではなく、なぜ「メルマガの機能としてのサロン内記事」を読んでて楽しいのかなということを改めて考えてみました。

2年前くらいからキングコング西野さんのサロンに入り、最近もう一つ「古川健介さん(通称:けんすうさん)」という方のサロンにも入りました。

けんすうさんは、漫画サービスの『アル』を運営されていたり、つい最近ではクリエイターが作業風景を生配信する『00:00 Studio』というサービスをリリースしたりと、「起業家」として有名な方です。

西野さんもけんすうさんも、サロン月額は1,000円です。(安すぎる。両サロンとも毎日投稿だから1日33円、、!)

ビジネス書を読むのと同じ感覚でこういった方々のサロン記事を読んでいるんですが、目的は「『個』の時代と言われて久しいこの令和において、時代の大局を読みつつ、何者でも無い自分がこれから何者かになっていくために何をしたらいいのだろう」というヒントを得るためというのが一番大きいかもしれません。

もちろんベストセラーと言われるビジネス書もとても面白いんですが、本の中で実際に具体例として挙げられる事象はどんなに最近のものでも一年以上前のものだったりします。

ただ、サロン記事だと、完全なるリアルタイムで西野さんやけんすうさんが考えていること、仕掛けていることに触れることができます。

昨日配信開始された『Win Win Wiin 【宮迫×中田】西野亮廣(前編)〜12年 夢を信じぬいた男の死闘〜』でも紹介されていましたが、7年前からクラウドファンディングを使って資金や仲間を集めていたような人が、今は何を考えているのか?

先を見据えて、そこに向かって何を仕掛けているのか?

そういったことにめちゃくちゃ興味がありますし、やっぱり読んでいて面白いです。

少なくとも、Twitterのタイムラインを眺めているだけでは絶対に得られないような情報ばかりです。

明日もこの続きを書こう。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5