毎日更新

112日目 風邪ひきました

こんばんは。

今日はどうやら体調を崩してしまったようで、めっちゃ寝ていました。

今でもこんな感じでちょくちょく体調崩すことはあるんですが、熱が38℃以上出て終日寝込むなんてことはほとんどなくなりました。

身体が強くなったとかではなく、自分の身体の調子をより気にするようになったことで、ちょっとした風邪の予兆を感じたらすぐに「漢方の麻黄湯を飲んでいっぱい食べていっぱい寝る」という対策を素早く講じることで重症化しなくなったんだと思います。

ただ、工場で働いていた時はそれにしてももうちょっと高い頻度で風邪引いてた気がします。

今考えると、「今やっているような早めの対策を講じてなかった」というのもあると思いますが、シンプルに3密でいうところの「密接」な環境で仕事していましたね。

食品工場で働いたことある人はわかってもらえると思いますが、食品工場の現場って機械音で超うるさいんですね。絶えずそこら中で様々な機械が動いているんで、会話するには至近距離で結構大声で話さないと相手の声が聞こえないんです。

食品工場なんで現場ではもちろん普段はマスクしているんですが、声が聞こえなさすぎて会話中だけマスク外したりってことはあります。

そりゃ数十センチの距離で大声で会話すれば感染もするわなって感じです。現場ではインフルなんかも毎年結構なクラスターを起こしていました。納得。

最近工場時代の後輩と会いましたが、工場勤務の人はコロナでも基本出社せざるを得ないので、この1年で働き方が変わったことは特にないと言っていました。

たまたまですが自分はIT業界に身を置いているのでコロナによってリモート勤務が普通になりました。

最初は「人と会わずにチームで仕事するなんてできんのか?」と思っていましたが、なんとなく仕事自体はできちゃっています。ただ、対面で顔を合わせながら仕事をしていたときに比べて「チームへの帰属意識」とか、人と人が一緒に働いていることで生まれる「この人の為に何かしてあげよう」みたいな「感情」の部分は明らかに希薄になっています。

リモートのチームビルディングをどうすべきかってのは、すごく難しそう。そもそもリモートじゃなくてもとんでもなく難しいのに。

何が言いたいのかよく分からん感じになってしまった。

風邪ひきたくないって話だ。そういうことです。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5