毎日更新

50日目 心の距離

おはようございます。

朝ブログ2日目ですが、非常にいいですね。寝る前に「明日はこんなことを書こう」とキーワードだけでも書き残しとくと、起きた瞬間スムーズに書き始められるし、なにより書くスピードが夜に比べて尋常じゃなく速い。書く前に構想を練ればいいのは別に朝だからってのは関係ないはずなんですが、自分にはこのサイクルが合ってるみたい。
始業が10時なんで、それまでに記事書いて投稿するとなるとどんだけ遅くても9時には起きなきゃいけなくなるので、今までより早く起きるようにもなるし、いいことしかない。

さて今日は、距離が近さが大事なんだろうなぁという話です。

エンジニアを志すようになってからは、会社員としての自分だけでなく「個人で稼ぐ」ということを多少なりとも意識するようになりました。

フリーランスになるとか自分で事業を作るとか、形はなんでもいいんですけど、個人で稼ぐってことは結局のところ「サービスを売って、買ってもらう」ことをしなきゃいけない。

だから、「モノやサービスってどうやったら売れるんだろう?」みたいなことをぼんやりと常日頃から考えるようになりました。

それに対する答えなんてもちろん出ないけど(分かれば誰も苦労しない)、なんとなくこれは当てはまるんじゃないかな?と思ったのが、「距離の近さ」ですね。

物理的な距離じゃなくて、心の距離。知らない人より知ってる人の方が距離は近いし、知ってるだけの人より一緒に仕事してる人の方が距離は近いし、ただの同僚よりプライベートで飲みにいく人の方が距離は近いです。

実際自分が何か仕事を頼みたい場合、たとえば「デザイン作ってほしい」とか「職務経歴書の添削してほしい」とか、まず頭に浮かぶのは「知り合いで頼める人いないかな?」です。知り合いでいないとなると、他で探すかーとなるわけです。

だから、知らないより知られてる方がいいよね(当たり前)。

で、「ただTwitterで見たことある」よりも、「以前一度仕事したことある」とか、シンプルに「友達」の方が選択肢としては選ばれる確率は高いわけです。

サービスの売り買いよりもっとライトな次元の話でも同じだと思います。

Twitterだって、いいねもリツイートも、友達だったらめちゃめちゃハードル低いですよね。友達だったらもはや何も考えずにいいねしちゃったりしませんか。

僕も毎日やってるから分かりますが、いいねとかリツイートしてくれる方ってだいたい同じ人です。特に、いいねが5以下くらいの鬼スベりツイートにいいねしてくれる人は間違いなく「いつものあの人」です(感謝)

当然自分が人にアクションするときも同じです。プライベートでの付き合いがある人だと、内容関係なく一旦いいねを押してから読み始めたりしてます。

そうやって、自分が誰かにとっての近い人であればあるほど、その人から自分が選ばれる可能性が高まります。知られてないよりは知られてる方がいいに決まってるので、フォロワーを増やすことも一定の効果はあると思いますが、それ以上に深い関係性を築いた人が何人いるか?の方が長期スパンでみると大事そうです。

以前、xhackさん主催の「フリーランスの営業方法(不確かだけどこんな感じだったはず)」というオンラインイベントがあったのですが、登壇されてた3名の方が全て今日話してきたようなことを仰ってたなーとこの記事f書きながら思い出しました。

「仕事はたいてい知り合いからもらってきた」「その人の『脳内SEO』で上位にランキングすることが大事」あたりがキーワードだったように思います。

つまりは、友達増やさなきゃってことです。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5