毎日更新

50日目  50日での変化

こんばんは。最近我が家にNetflixが導入され、奥さんがテラスハウスを副音声入りで視聴していました。僕自身はこういう恋愛リアリティー系番組はバチェラーくらいしか見たことなくて、テラスハウスは初めて見たんですけど、副音声でスタジオの芸人たちがボロクソ悪口言ってるのを聞きながら(というかもはやこっちがメイン)だとあれめちゃくちゃおもしろいですね。南キャン山ちゃんやばい。奥さんも、「副音声ないとこんなん見るに耐えないわ!こんな番組見てたら頭悪くなるわ!」と暴言を吐きながら、ビール片手に楽しそうに見ていました。

さて今日は、このブログの毎日更新が50日目の節目を迎えたので、1つ目の節目だった30日経過時点から今日までの20日間の変化を書いてみたいと思います。

変わった点は大きく3つでしょうか。

①構想を練る時間が劇的に減った

②なんか文章上手くなった(?)

③書くのが辛くなくなってきた

①構想を練る時間が劇的に減った

これに関しては圧倒的な変化を感じています。これまでは、ネタを探したり構成を考えたりという「書く以前の作業」にとても時間をかけていたように思います。今日書くネタが見つかるまで「今日はなにを書こうかなー」とぼんやりずっと考えてたり、今日のネタが見つかってもさらに何個かネタを書き留めて明日明後日用にストックしておくみたいにな「準備にしっかり労力を割く」生活だったのが、最近では書き始める直前までブログのことなんて全く考えていなくて、「よーしそろそろ書こうかなー」というタイミングでネタを考え、構成を考え、なんなら構成を考える前に書き始めていることも多いです。今日はある程度構成考えてから書き始めてます。

②なんか文章上手くなった(?)

この10日間で、「文章読みやすくなりましたね」という言葉を2名もの方からいただきました。本当に嬉しいかぎりです。まあ正直これに関しては、「毎日書いてるから上手になった」という要因は全体の3%くらいしかなくて、残りの97%はとよももスピーチメソッドによって文章構成の「型」を身につけたことが要因なのは間違いないです。

とはいえ、毎日毎日ちゃんと型に沿って書いた方がいいのはもちろんなんですけど、そこまではできていないです(毎日そんなに伝えたいことなんてねぇっす…)。しかし、スピーチを学ぶ以前に比べると無意識に構成を型に当てはめて考えることができています。

「この記事で伝えたいことはこれで、その理由はこうで、具体例はあれとこれと、、、。おっと、伝えたいことに関係ないこのエピソードは書かない方がいいな!」くらいならベロベロに酔ってても考えられるので、おかげさまである程度文章が見やすくなったんじゃないかと自分なりに分析しています。

③書くのが辛くなくなってきた

上述したレベルアップにより、書くこと自体が辛くなくなってきました。「記事を書くことに時間が奪われている」ということに変わりはないしそのストレスも変わりはしませんが、「書くことそのものへの抵抗」というのはどんどんなくなってきています。いわゆる慣れってやつですかね。毎日やるってすごいです。

一方変わってないことといえば、1記事書くのにかかっている時間でしょうか。だいたい記事を書いている時間が30分強、投稿前に軽く文章チェックしてアイキャッチ作ってツイートするまで含めてトータル45分くらい。そもそもタイピングのスピードがネックになっているわけではなさそうなので、もっと高速で頭の中で構成を考え文章が出てくるようになればスピードアップできそうです。

「何かを継続させたいなら月イチや週イチでなく、毎日やった方が結果続きやすい」というキンコン西野さんの理論はかなり自分には合っているように感じます。あとは、Twitterで宣言し毎日晒していることもとっても大きいです。そのモチベーションがないと確実に挫折してましたね。

宣言ファーストこそ最強ナリ

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5