毎日更新

44日目 「型」の重要性

こんばんは。奥さんが今日来春からの人事を言い渡されたそうで、ついに6年間の営業生活に一旦の終止符を打つことになり歓喜に溢れています。エンジニアになってこういう異動だ転勤だみたいな世界から距離を置くことができたのも人生の豊かさを向上させてくれているのは間違いないです。

今日は「1つ型を知ると一気に知識の幅が広がるなー」という話です。

神(@momokotoyopet)の薦めに従い、鴨頭さんの動画をYouTubeで何本か見てみました。講演家YouTuberとして活躍されており、実際の講演の様子だったり、一人語りだったり、自身の運営する講演教室での授業の様子などを配信されている方ですね。

神が「鴨頭さんも同じこと言ってるよー」とおすすめしてくれたのは、スピーチの型を教えてくれる動画でした。

ざっくり内容をいうと、

・スピーチには①オープニング②ボディ③クロージングの3つがある、印象に残る順は③→①→②の順、でも一番大事なのは②

・オープニングでは普通の挨拶をしてはいけない。緊張と緩和でいうと「緊張」しているときがちゃんと話を聴いているとき。普通のあいさつをした瞬間聴衆はリラックスモードに入って聴かなくなる

などなど、他にも細かいテクニック論的な話は多々ありましたが、何本か動画を見て思ったのは「スピーチの型を知ったからより深く理解できているんだな」ということでした。

たぶん同じ動画を1ヶ月前にみたとしても、見終わった後の記憶への残り具合は全く違ったものだったと思います。

実際過去に鴨頭さんの動画ってみたことありましたが、「熱いオジサンだなー」ってこと以外正直なにも覚えていません。

自分が一度型を学び、なにが大事な木の幹でなにが枝葉の部分なのかを分かっているからこそ、鴨頭さんの動画をみても「とよももさんと同じこと言ってる!」「これはとよももさん言ってなかったな」と自分の中で基準をもって考えることができます。

プログラミングでも、基礎から徐々にステップアップしていくから理解できるわけで、ネイティブのjsがわからないのにVueやReactがわかるわけないわけですよね。宇宙語に聞こえる~ってやつ。スピーチに関することも、情報としては日本語だから何を言っているかはわかるんですが、でも基礎がないから何も記憶に残らないという意味では本質は一緒なのかなと思いました。

あとは、シンプルに自分が今スピーチを学んでいて1ヶ月後に本番があるから学習意欲が強く、だからより深く記憶に残ったのかなと(てか実はこっちがほとんどかも笑)。アウトプットありきのインプットが有益であることを身をもって感じております。

さあ、明後日はいよいよ第二回のスピーチ講座。スピーチが上手くなるのはもちろんなのですが、みんなに褒められまくって自己肯定感爆上がりするのでそっちの方が楽しみとして大きかったりするかもしれません。

世の中にこんなに笑顔に溢れた空間があるんだっていうくらい幸せな時間が流れていると思います。この言葉だけ切り取ったら完全にヤバイ集団みたいだしクスリでもやってんのかって感じですが、それくらいの快感物質は分泌されている気がします。楽しみです!

型を知るって大事だなというお話でした。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5