毎日更新

13日目 技術だけじゃない

こんばんは。

昨日、一昨日の続きです。

一昨日の記事

http://wpblog.kiwatchi.com/%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%9b%b4%e6%96%b0/11%e6%97%a5%e7%9b%ae-%e4%b8%80%e7%b7%92%e3%81%ab%e5%83%8d%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84/

昨日の記事

http://wpblog.kiwatchi.com/%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%9b%b4%e6%96%b0/12%e6%97%a5%e7%9b%ae-%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e3%81%ab/

先日一緒に飲んだ人たちとの「こんな人と一緒に働きたいよねー」という文脈の中で出た、「こんな人」の特徴をなんとなく言語化してみると、

・素直であること
・現状に不満を言うのではなく、なんとかしようとする姿勢
・エンジニアである前にビジネスマンであること

以上の3つに集約されているような気がしました。

今日は最後の「エンジニアである前にビジネスマンであること」について。

色んな人と話をしていても、それこそTwitterでもよく見聞きすることですが、この日も「技術だけのエンジニアはいらない」という話題が出ました。

僕自身現場に出てエンジニアとして働いていますが、実際に働いてて難しいのはコードを書く以外のことの方が多いですね(もちろんコーディングもとっても難しいです。優秀なレビュアーがサポートについてるので困らないだけ。)

コーディングの難しい部分に直面した場合は、とりあえず時間をかければ解決することもありますし、いざとなればレビュアー等に聞けば答えを教えてもらうことができます。

しかし、仕様を調整したり、タスクの切り分けを行ったり、そもそもの要件から見直す必要が出てきたりといった「実装する前段階で決めなければいけないこと」に関しては、当たり前ですが実装を行うエンジニアだけで決めることはできません。

他部署の方と会話をしながら、エンジニアの立場としてこれは実現可能なのか、可能なら工数はどれくらいなのか、どんなリスクがあるか、実現不可能ならどんな代替案があるか…などなどを、エンジニア以外の部門の方々と会話しながら決めていくことになります。

しっかりとエンジニア以外の部門の方々と会話するためには、技術的な知見はもちろんのこと、「事業として何が大切なのか」という視点を持っておかないと、「エンジニアよがり」な意見や提案になってしまうなと強く感じます。

間違っても「この実装は面倒臭いから嫌だ」というような思考回路にならないようにしないといけないな、と意識しています。

これはあくまで僕の現場で求められるスキルなので、職場によってはもっと幅広い範囲の業務に関わる人もいれば、もっと狭い人もいるでしょう。ただ、本質のところはあまり変わらないはず。

「エンジニアだが技術以外の要素が大事」ということを言ってますが、これはあくまで「ちゃんとした技術力がある」ことが前提だと思ってます。
僕も今後は技術だけでなくマネジメントなども頑張っていきたいですが、今はその前提となる技術力が足りないので、技術力を高めないといけないフェーズだと思っています。その辺は順番を間違えないようにしないといけないです。

これまで話したとおり、僕は今の現場では多少コードを書く以外の範囲の仕事もしています。
ただ他の駆け出しの人の話を聞いていると、ひたすらにコードを書くだけ・会話も全てslack・一言も言葉を発することなくコードとにらめっこして1日が終わる、というような仕事をしている人も多いようです。

そうすると、「技術以外の要素」を伸ばす機会がそもそもないじゃんって感じですよね。

僕も前職時代に1日何十本も社外からの電話に対応し、1日数回商談して、、、みたいな仕事をしていたので、エンジニアになって「マジで日に日に社会性が失われてるぞ、、、」と最初は感じ ていました(今は慣れてしまった。よくない。)。

なので、エンジニアになる以前に他の業界でしっかりと経験を積んだ異業種転職組の方が、3年とか5年スパンで見たときには会社にとってバリューを出せる人材になってるかもしれないですね。実際うちの会社も、数年前から業界未経験のポテンシャル採用に力を入れてるみたいですが、そこには上記のような理由があるからだそうです。

「未経験を採用すると最初はスキルが不足してるから現場も大変だが、3年後にモノになっているのは異業種出身未経験者の方が確率が高い」という上司の言葉が印象的です。

そう考えると、エンジニアになりたい人もあえてエンジニア以外の職種を先に経験しておくというのは、遠回りのように思えて長期スパンで見たときには意外といいかもしれないですね。

エンジニアやりながら技術以外も磨かれるような仕事ができるのが理想なのはいうまでもないですが。

それでは、3日間にわたる「(みんな)こんな人と働きたい(と思ってるらしいぞ)」シリーズ完結です。

「素直で、不満を言わず今いる環境で結果を出そうと頑張る、技術以外のビジネスマンとしての要素も兼ね備えている」人材になりたいですね(要するにスーパーマン)。

また明日。

おわり。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。