毎日更新

20日目 社会保険料・住民税

おはようございます。しれっと今日から5連休に入っております。年度内に消化しないと消えちゃう有給が2日あり、今日は特に予定はないけど作業時間を確保するために、月曜日は急遽仕事が暇になったので休むことになり、結果5連休です。
一人旅が好きな人ならどっか行ったりするんでしょうけど、特に予定はないけど自分の作業に専念できるということでワクワクしております。ただみなさんあるあるだと思いますが、休みの日の方が油断して時間捻出できない問題に早速直面しているので、気を引き締めていきます。

さて、普通にサラリーマンをしていたら確定申告などほぼ無縁ですし、自分がどれくらい何の税金を払っているかなんて気にしなくても生きていけるので「3〜4割くらい税金やらなんやらで持ってかれて悲しいなー」くらいにしか思ってなくてほとんど意識してこなかったわけですが、2019年はニート期間を挟んでしまったので自分で税金を納めねばならず、必然的に自分が払っている税金の大きさを知ることになりました。

必ずのしかかってくるのが、「国民健康保険・国民年金・住民税」の3つですね。

国民健康保険は、保険証をもらって病院で3割負担で治療を受けるために必要なやつですね。退職するときに、その会社の健康保険組合にそのまま継続して入り続けることもできるのですが、それまでは会社が半額負担してくれていたものを全額負担しなくてはならなくなるので、国の?保険に入っても金額としてはほとんど変わりません。地域によっても金額が変わるらしいのですが、僕の住んでいる船橋市と前職の健保とでは船橋市の方が安かったのでこちらに切り替えました。これが月37,000円ほど。3ヶ月ニートやってたんでこれだけで計11万オーバーです。

さらにちょっとやらかしてしまったのが、前職の保険証が失効したあとに通院した際、誤って前職時代の保険証を使ってしまいました。その時の会計としては3割負担で支払ったのですが、後日前職から連絡があり、「あなたはもううちの健保組合員ではないので全額支払ってください!」と言われたので、残りの7割分を前職に振込で支払いました。そしてその領収書を持って船橋市の国民健康保険課にいけば前職に払った7割分が戻ってくるということで、今日はその手続きをしていました(領収書が必要だというのが行ってから分かったので、出直しです。。」。
正直、クソめんどいです。

つぎに、国民年金ですね。制度が破綻していると言われて久しい、あの年金です。きちんと3ヶ月分払います。月16,000円ほどなので、3ヶ月で5万くらいですね。

最後に住民税なのですが、こいつがなんかややこしいんですね。基本確定申告とかにおいて「1年」というと、「1月〜12月」でカウントするのですが、その年の1〜3月くらいまでの収入に応じて住民税の金額が決定するのは6月(たしかそんな感じ)で、つまり「6月までは料率決まらないんで自分で払ってネー」なんです。前職が2019年6月退職なので、7月〜今年の5月分まで自分で払わなきゃいけないんですね。ほぼ1年分やん。10月から今の仕事してるけど、住民税だけは5月まで自分で払います。

自分で払うか源泉徴収されるかの違いで金額に代わりはないのですが、一旦自分の元に住民税分乗っかった状態で振り込まれるので、たくさんもらったかのように錯覚しますね。ニート期間はあまりにも金がなかったので、7月分以降支払いをしてなかったのですが、ちょっと余裕出てきたのでそろそろ払おうかと思います。

あと住民税めっちゃ高い。船橋市は月4万ほどです。
(国民健康保険) 37,000円 + (国民年金)16,000円 + (住民税)40,000円 = 93,000円も払ってたんですね。健康保険は会社員なら半額2万近く少ないですが、あと所得税やらなんやらありますね。

そしてそして、国民健康保険と国民年金は確定申告において「社会保険控除」として控除できるということを知りました。こいつもきちんと金額勘定せねば!と調べるうちに、注意点を発見。
例えば今年の確定申告(今やってるやつ。2019年分)の対象となるのは「払った日が2019年のもの」らしく、たとえば「2019年7月分の国民年金だけど支払ったのが2020年1月」だと、これは2020年分の控除対象として来年の確定申告対象となります。7〜9月の年金を2020年に入ってから支払っていたらしく、これは来年の確定申告対象だということがわかりました。

とにかく、「自分でやるのクソめんどい!!!!」に尽きます。転職するときも、「ニート期間を挟むとめちゃめんどいよ」ということは聞いていましたが、失業保険のハロワ関係も含めて噂通り(いやそれ以上!)でした。
会社員はこれを全部会社が代行してくれているわけですね。

まあ、とっても勉強になりました。確定申告自体はfreeeを使っててめちゃめちゃ簡単に終わらせられそうです。

来年の確定申告で収入がいくらになっているのか、今から楽しみです。

  • この記事を書いた人

きわっち

元食品メーカー製造マンが未経験からwebエンジニアになりました。 エンジニアとして0から成長していく過程を発信していきたいと思っています。

© 2021 きわっちのブログ Powered by AFFINGER5